本項冒頭へ戻る
〒197-0801 東京都あきる野市菅生871番地
社務所電話 042-558-7776
お知らせ 交通案内 お問い合わせ
総合TOP > よくあるご質問
よくあるご質問~神社編~
参拝や人生儀礼、神社全般に関してよく尋ねられる質問をまとめました。
Q: 神棚をお祀りする際に気を付けることはありますか?
A: 神棚や御神札が南か東を向くようにしてお祀りします。目線よりも高い位置にてお祀りしますが、扉や出入口の上など頻繁に人の出入りがある場所の上にはお祀りしないようにしてください。
Q: 神棚に御神札をお納めする時はどうすればよいでしょうか?
A: 最近よく見かけるものですと一社造りと三社造りの神棚が一般的ですが、それぞれでお祀りの仕方が若干異なります。一社造りの神棚の場合手前から天照皇大神宮(神宮大麻)、氏神神社、崇敬神社の御神札の順に重ねてお納めします。三社造りの場合は真ん中に天照皇大神宮、向かって右に氏神神社、向かって左に崇敬神社の御神札をお納めします。
よくあるご質問~韋駄天尊編~
新宿韋駄天尊に関してよく尋ねられる質問をまとめました。
Q: 韋駄天さまはどんな神様ですか?
A: 古代インド神話の神様であり、仏教においては南方増長天八大将軍の一官として三十二将の主位に置かれています。 インドの伝説によれば仏舎利を奪った鬼を追いかけ瞬時に取り返したとあります。足の速い様を韋駄天の如しといい、その走力を韋駄天走りと称するに至ったと云われています。 詳しくはこちらをご覧ください。新宿韋駄天尊は東京マラソンのスタート地点である東京都庁横に鎮座していることからランナーの方が多くご参拝しています。
Q: マラソンレースに出場するため、韋駄天さまのお守りを授かりたく思います。どこで手に入りますか?
A: 新宿韋駄天尊では、授与品を同敷地内の新宿ワシントンホテル地階にあるカフェ・ラフィーネにて頒布しております。詳しくはこちらをご覧ください。また、境内に韋駄天尊の御神殿がある稲足神社においても頒布しております。
Q: 蛯子稲荷大明神の「蛯」の字は「姥」の間違いでは?
A: 仰るとおり「蛯」は本来「えび」と読み 「えびすいなり」と読むのが普通と思われますが、古くから近隣の人々には「うばこいなりさま」と呼ばれ親しまれ崇敬されています。
よくあるご質問~霊園編~
当神社霊園に関してよく尋ねられる質問をまとめました。
Q: 稲足神社霊園に入れるのは神道だけですか?
A: 宗教は不問です。
ただし、霊園敷地内で祭祀(納骨・年祭等)を行う場合は神式のみとさせていただいております。また当社では、氏神様の神職に祭祀をお願いすることを推奨しております。
Q: 神道でも仏教のように年忌法要があるのですか?
A: 霊祭や年祭などと言います。亡くなってから五十日目に五十日祭を行い、百日目に百日祭を行います。
その後一年祭、三年祭、五年祭、十年祭と行い、以後十年毎に行っていきます。仏式の場合三回忌を二年目に行いますが、神道では三年祭は三年目で行います。三十年乃至五十年でご先祖様の御霊と合祀をします。